成果

「グローバル人材育成」、「国際交流ネットワーク」、「地域振興」に関する講義、演習、視察、発表を地域の人材・施設等を徹底的に活用して実施しました。
「基調講義」では、沖縄とアジアの将来像、人材育成について、実行委員会委員長、JICA沖縄、民間企業による各分野のフロントランナーから触発を受けました。
「グローバル人材育成」においては、次世代リーダーとして必要なスキルとして、地域課題解決方法やプレゼンテーションなどの手法を習得しました。特にコミュニケーションにおいては言葉だけでなくノンバーバルコミュニケーションが重要となることから「チームビルディングワークショップ」の導入や「ブラインドハイク」、「サンド造形ワークショップ」などを行いチーム内でのコミュニケーション能力の向上を図りました。グループディスカッションⅣ~Ⅵでは、①この事業で学んだこと、②学んだことを自国に持ち帰り将来に活かすこと、③このネットワークを継続すること、の3つの成果をグループディスカッションでまとめ、最終成果発表に向けたプレゼンテーションを作成し最終日に成果発表を行いました。
「国際交流ネットワークの発展」においては、チームビルディング、グループディスカッション、3市村での交流会などの体験を踏まえたネットワーク形成を図りました。
「地域振興」においては、3市村の首長表敬をはじめ、地域に関する講義・視察を採り入れました。グループディスカッションⅠ~Ⅲでは、①何を見聞き体験したのかを洗い出す(ペアインタビュー)、②地域の取り組みから地域の魅力を整理する、というステップを通じて南城市、渡嘉敷村、伊江村の地域研究を行いました。参加者が地域を深く知ることで愛着を育み地域ファンになることを企図し、伊江村では「地域の魅力を広報しよう」、南城市では「1泊2日の観光プランを作ろう」、渡嘉敷村では「マスコットを作ろう」とテーマを設定しディスカッションと成果発表を行いました。